踵に感じるSpiral

二足歩行になったことで捻れた四肢を持つヒトは、ただ歩くだけでもスパイラルに繋がっていく動きの流れがあるが、それは凹凸や傾斜のあるランダムな面と足とがコンタクトを取りながら歩くということの中で進化してきたのだということを、特に下腿がナチュラルさを取り戻すほどに実感する。

真冬の間、ソールは柔らかめでも比較的一般的な靴(ブーツ)を履いて歩く時間という「間」を置いたことによって、再びミニマルシューズで不整地を歩く機会が増えてみると新鮮に立ち上がってくるアキレス腱の感覚があった。

一歩を進めるごとに、そこに微かなスパイラルの流れを感じたのだ。

それはおそらくヒラメ筋と腓腹筋の滑走性や協調の仕方が変わってきていた面もあるだろうが、ああ、こんなところにも螺旋があったかという実感があってから暫くして、だいぶ前に何となく読み流していたアキレス腱の捻れの構造に関する記述を思い出した。

おそらく当時は、へえ、そうなんだと思う程度だったのだと思うが、その一方で「どうして?」と心にとまる何かがあったからかろうじて記憶の片隅に残ったのだろう。

それは、『下肢のスポーツ疾患治療の科学的基礎:筋・腱・骨・骨膜』という本の中だった。

下肢のスポーツ疾患治療の科学的基礎:筋・腱・骨・骨膜 (Sports Physical Therapy Seminar Series9)

 

その39ページに

CumminsらやSolilaらは、踵骨付着部における腓腹筋およびヒラメ筋の付着形態について報告した。図6ー1に示すように、筋腱移行部においては外側に腓腹筋、内側にヒラメ筋が位置しているが、踵骨付着部ではこの2筋が反転している。すなわちアキレス腱は主に腱中心部における回旋を伴ってスパイラルに下降する。

という記述が確かにあった。

だが、それ以上にその感覚が自ずと立ち上がってきたということの方が、私にとっては印象的だったりする。

その微かな感触のある一歩に、動きが受け渡されていく心地よい流れがあり、そんな感触も無いまま長い年月を働かされてきた足首に対して申し訳ないような気さえしつつ、でも、そうして気付かせてくれる身体に、そしてそれを育み直してくれる凹凸のある道に、また感じ入るものが多い春だ。

 

f:id:blissfultouch:20190318130454j:plain

f:id:blissfultouch:20190318130449j:plain

 

週末の徒然

螺旋状に解放されていくのとクロスフェードするかの様に、螺旋状の働きが立ち上がってくる、そんな感触の面白さの中、でもそれをあまり言挙げしたくない気もしたし、InputでもOutputでもない、DoingとBeingのうちに日々が過ぎていく。

気付けば当初の課題の多くは課題では無くなっているが、そこにようやく辿り着いたから目指せるその先もあり、その尽きないところが面白い。

f:id:blissfultouch:20190315140545j:plain

 

f:id:blissfultouch:20190315140550j:plain


 

瑪瑙のマット

面白いものを戴いた。瑪瑙が散りばめられたマットでフットマッサージ用なのだそうだ。だが、日頃ミニマルシューズで砂利道などを歩いているせいか乗って歩いてみたけど別段痛くもない。足が勝手に反応してくれる感じだ。天然石のひんやりした質感は肌触りも良いしコンディションを測るには良さそう。一つひとつ違う綺麗な色や模様の石を眺めているのも楽しい。

f:id:blissfultouch:20190315140913j:plain

北タイ情報誌

だいぶ前になるが、チェンマイから取り寄せた情報誌ちゃ〜おが届いた。
友人とのやり取りは、最近はもっぱらメールやLineなので、久しぶりに見る象さんの証紙。
そのバックナンバーに読みたい記事があってお願いしたのだが、近刊も同封して下さり現在のチェンマイの情報だけでなく、例えば「タイの電話今昔」という様な記事に国際電話はそういえば必ずオペレーターを通さなければならなかったことなどを思い出し、懐かしい想いもまた重ねながら拝読させて戴いている。

地域に根付いた情報誌ならではのディープな記事を日本語で読めるというのは有難い。

f:id:blissfultouch:20190305223955j:plain

 

 

 

 

春の道

オフの時間はタイ語の資料の翻訳作業や、このところちょっと面白い身体の変化を感じているので色々動く事に没頭することが多かったが、ふと気付けば3月^^;

真冬の間、その暖かさにブーツで出歩く日が多かったが、麗らかさを覚える日も増えてミニマルシューズに戻ってみると、やはりより歩くことが楽しく気持ち良い。
砂利道や土や芝生、足裏の様々な感触に春を感じるこの頃。

足の使い方は、表情豊かな道が教えてくれる。

f:id:blissfultouch:20190304001954j:plain

土曜日、自習会の前に多摩川河川敷で。水面のきらめきにも春を感じる。

f:id:blissfultouch:20190304001859j:plain

f:id:blissfultouch:20190304001846j:plain

f:id:blissfultouch:20190304001851j:plain

 

Dinergy

「少しずつ変わってくる手を見ていると、一旦は汚れてしまった川や海が本来の姿に戻る力がある様に私も自然の一部なのだと実感し、変わり始めた手に導かれている様だと踊りの中で感じることがある。」

ある生徒さんがその様なことを話して下さった。

「自分の手なのに導かれるってヘンですよね。」

と笑っていらしたが、私にはそれがとても自然な言葉に思えた。

そして、その言葉に触れてジョージ・ドーチの『デザインの自然学』の中の一節を無性に読み返したくなった。

人間の手と心を形作った自然の基本的なパターン形成過程は、手と心が形作ろうとしているものは何であろうと、手と心が自然に忠実である時には、導き続けることができる。

ジョージ・ドーチ著『デザインの自然学』青土社

デザインの自然学  自然・芸術・建築におけるプロポーション  新・新版

Dinergy、dia+energy

自然の中に秩序と美しさのパターンを発見するように、自らの内にもそんな活きを再発見すること。

それは私にとって探求する喜びのひとつだ。

 

徒然

資料

Chulalongkorn University Intellectual Repositoryで、今関心を持っていることについての大変貴重な資料に出合うことができた。120ページを超える修士論文だが、写真や図などが相当数あるのでとても有難い。

先日タイ語の先生が見付けてくださったブログ記事の中の人名をキーワードにしていったから出合えた資料で、私一人ではとてもそこに辿り着けなかっただろうと思う。感謝。

この時期、春からタイに赴任する方々へのご指導で先生もお忙しく、次のレッスンまで間があるが、宿題の記事の翻訳も「宝探し」をしている様な面白さがある。

そして、こちらの記事を拝見して次回行ってみたい本屋さん(The BookSmith)もできた。MAYAのすぐ近くにこんなスポットがあったのか。

 

 

ryotawakasone.blogspot.com

 

www.onenimman.com

 

タイも昨日あたりから最も暑い季節に入った様だ。 

 

眺め

f:id:blissfultouch:20190221180535j:plain

雨上がりの散歩道はほのかに桜の香り。

f:id:blissfultouch:20190221180525j:plain

 

ラーンナー語

今日はタイ語のレッスン日だったが、先日見付けた資料の解読に難儀しているとその資料のコピーを先生に見て戴いたところ、やはり専門用語も多くラーンナー語の知識もないと先生でも難しい部分が多々あると仰っていらした^^;

そう、ラーンナー語は文字からして違うのだが、その文献の中のタイ語表記になったものでも、タイ語辞書で引いてもわからない名詞などがあり、お手上げ状態な部分が多々あったのだ。

Kammuang.png
CC 表示-継承 3.0, Link

 ↑タイ文字とちょっと似ているようでもあるが、今の私にはかつてタイ文字を見たとき同様、文様のようにしか見えない^^;

 

でも、先生がそのラーンナー語の専門用語の意味もあわせて紹介してくださっているChiang Mai College of Dramatic Artsの助教授の方の記事を見付けて下さり、まずはその記事を読んでいきましょうということになった。

そして、公文書アーカイヴで見付けた資料も、いずれは読めるようにしましょう、私も色々調べてみますと仰って下さった。

何れにしても、ラーンナー語↔︎タイ語辞書はあった方が良いから、次回チェンマイに行ったときに、あちらの大きな書店で探してみてとのこと。先生も4月にバンコクに行く予定があるから、チュラーロンコーン大学ブックセンターをみて下さるとの有難いお言葉。

電子版のラーンナー語↔︎タイ語辞書は一応見付けたのだが、辞書はやはり紙版が良いので^^;、私も次回チェンマイに行くときにCentralPlaza Chiangmai Airportの本屋さん等を当たってみようと思う。

と、いうわけで今まで使ってきたテキストと並行して、もう一つテキストを読み込んで行くことになり、毎回の宿題も倍増だがなにやら更に楽しくなってきた。

 

f:id:blissfultouch:20190218210449j:plainพจนานุกรมล้านนา-ไทย

 

ちなみにラーンナー文字は、Wikipediaによると

ビルマ文字のように全体的に丸みを帯びた形が特徴的であるが、それは昔、文字を書くのに紙代わりに用いられていた貝多羅葉(タラバヤシの葉)が裂けてしまわないよう、直線を使うのを避けたためであるといわれている。

とあるが、その貝多羅葉の実物をかつて、日タイ修好130周年記念の展覧会でみたことがある。それらの一部は京都の大谷大学博物館や愛知の日泰寺の所蔵だそうだ。

f:id:blissfultouch:20190210083327j:plain

 

徒然

 タイ語

チェンマイとの縁が深まりつつある中、ラーンナー(ล้านนา)文化に触れる機会も増え色々と面白い発見があるこの頃。

情報は決して多くはないが、タイの公文書アーカイヴで見つけたいくつかの資料をタイ語の勉強を兼ねて解読する作業についつい熱中してしまうのと^^;、やはり語彙力をもっと増やしたいと切実に思うところもあり、アナログだが私的には書くという行為が伴った方がはるかに記憶に残りやすいため、自分の増やしたい語彙をジャンル別にまとめた単語帳の作成をしたり日本語字幕版のタイ映画を観たりもしている。

 

 特にこの映画は北タイが舞台でその自然や、コムローイの映像がとても美しい。

 

f:id:blissfultouch:20190218111810j:plain

単語帳は箱買い^^;
12冊で¥1,216なり。

 

生徒さんのご紹介でいらして下さるようになった方もいらしたり、また新しい出会いのある春。梅の花もあちこちで咲き始めた。

f:id:blissfultouch:20190217124949j:plain