オムツの機能性

「タッチハンガー」以来、久しぶりに三砂ちづるさんの文に触れた。

www.mishimaga.com

 

私の子育て時代にもすでに紙おむつはあったし、使ってもいた。
ただ、最近になって時々孫の使用しているオムツに触れる機会が多くなり、その機能性の高さに隔世の感を覚える一方で、ちょっと濡れれば色が変わるお知らせラインのような機能もあるものだから、ただでさえ不快感を感じにくい肌触りな上に、赤ちゃんが不快を覚える間も無く交換されるのは果たしてどんなものなのだろうかという疑問もあった。

赤ちゃん自身が不快感を覚えるという体験から学ぶこと、そして、その赤ちゃんの不快感を全体的な様子から感じ取って察する、判断するという親側の学びの機会もまた、便利になった物が補うほどに失われていく面もあるのではないだろうかと感じた。

 

新生児用のサイズを使うのはほんのいっときだからと、娘夫婦が退院時に1〜2パックだけ購入していたのだが、「お知らせラインの色が変わった!」と頻繁に変えるものだから結局その倍くらいは消費しているのではないだろうか。

 

そういえば次女の時は1歳ごろにタイに赴任し、気候的なことも、フローリングオンリーの住環境ということもあり、多少失敗しても普通のパンツを洗濯したり拭き掃除をした方が楽と越して早々に夜寝る時以外は使わなくなってしまったし、上の子の時のようにトイレトレーニングという意識を私自身も感じることも少なく、次女は活発にハイハイもして、結果的にはオムツも取れるのが早かった。

私の記憶が確かなら、30年前のタイではオムツどころか下着もつけていない赤ちゃんのお尻に布かタオルのようなものを当てて抱っこしているお母さんを見かけもした。
(今はコンビニですら紙おむつのパックを見かけるからタイの子育て事情もまた大きく様変わりしているのだろうとは思うが)

その光景に最初こそ驚きはしたものの、排泄という事態への周囲の大人の大らかさに私自身も、また我が子も少なからず影響を受けた面もあったと思う。

 

布にすべきだというわけではないが、便利になるということはそれだけ物が機能の肩代わりをしているという面もあって、その一方では退化させている面や学習の機会を減らしている面もあるのかもしれないし、関係性を築くという点でも何かしらの影響を与えているのではないかと、今当たり前にあるモノやコトを問うてみる視点はやはり持っていたいと思う。

f:id:blissfultouch:20190816083103j:plain

 

徒然

特に夏休みはなくいつも通りのスケジュールの夏だが、秋に2週間弱チェンマイに滞在する予定があり、次回はできればそこから更に足を伸ばしてドイ・メーサロン Doi Mae Salong (ดอยแม่สลอง)を訪れたいと思っている。

チェンライから更に北のミャンマー国境に近いところにある小さな町で、チェンマイからは車で約4時間半ほど。

ดอยแม่สลอง โรงแรม ที่พัก ดอยแม่สลอง การเดินทางไปดอยแม่สลอง

 

ルート118を使ってチェンラーイを経由するか、ルート1089経由で行くかなどと下調べをする過程も楽しいが、そうして予期したこととは違う発見があるだろうと未知に思いを馳せるのがまた楽しい。

f:id:blissfultouch:20190813080126j:plain

そして、この雨季の空とはまた違うドイステープの眺めも、今度はゆっくり堪能したい。

f:id:blissfultouch:20190812110022j:plain

 タイ語は、身体の部位が含まれた言葉を調べていくのが面白いこの頃だ。
これまでも持ち歩きやすい1700語程度のテーマ別に分類された単語集をベースに、タイ日辞典などで調べた語や表現を、付箋を使って拡張していくように使っていたが、身体から派生した語はやはりかなり多く、貼りきれなくなってしまった^^;

f:id:blissfultouch:20190812162045j:plain

f:id:blissfultouch:20190813082842j:plain

 

タイ語の月の名前

タイ語で月の名前を覚える際、語尾のคม(Khon)ยน(Yon)พันธ์(Phan)を
31日ある月はคม(Khom)
30日の月、つまり4、6、9、11月はยน(Yon)
28もしくは29日の月つまり2月はพันธ์(Phan)
ということを覚え方のヒントとすることや、月の名前がインド占星術に基づいていることは学び始めた当初に教わっていたが、คม(Khom)ยน(Yon)พันธ์(Phan)の意味についてはそういえば考えてみたことが無かったとふと思った。

f:id:blissfultouch:20190811200351j:plain

検索すれば出てきそうな気もしたが、せっかくタイ日辞典があるのだから調べてみる事にした。

f:id:blissfultouch:20190811200321j:plain

するとこんな感じで、คม(Khom)ยน(Yon)には到来という意味が
พันธ์(Phan)には縛るとか結着という意味があるということが書かれていた。

f:id:blissfultouch:20190811200347j:plain

おおよそのことがわかった時点でさらに検索をかけてみると、Wikipediaに詳細が載っていた。

月の名前は、インドの占星術に由来する。30日の月の語尾は、サンスクリット語で「到来」を意味する-āyanaに由来する-ayon (-อายน) 、31日の月の語尾は、英語のcomeと同語源で、やはりサンスクリット語で「到来」を意味する-āgamaに由来する-akhom (-อาคม) である。

2月のみ、語尾はサンスクリット語で「枷」や「束縛」を意味するbandhaに由来する-phan (-พันธ์) である。閏年の2月29日は、サンスクリット語で「付加」を意味するadhikaに由来するAthikasuratin (อธิกสุรทิน) と呼ばれる

タイ太陽暦 - Wikipedia

タイ日辞典は大きくて重たいので、昨今はついつい手近にあるコンパクトな辞書や単語集、アプリなどで済ませてしまうことが多いが、こうして時間と手間をかけて調べていく過程は面白いし、大事だなと思った。

f:id:blissfultouch:20190811204834j:plain

辞典を出しついでに「這う」という言葉も改めて調べてみた。
手の膝の場合、肘と膝の場合、膝だけの場合とそれぞれに当てはまる言葉があるのはナチュラリゼーション的には便利かも(笑)

ちなみに、その下の爬虫類を表す言葉の中のเลื้อยも這うという意味を持つ単語だが、蛇よミミズのように肢のない生き物がクネクネと動く様子や、植物が巻きつくような様を表す際に使われるようだ。

 

 

生後3週間

触れた手を押し返す足や
脊柱が伸展する力を感じたりしながら
発達の過程を見守るこの頃。

毎日見ている訳ではなく
程々の間があるから
その変化を感じやすい面もあるかもしれない。

胎児の頃の姿勢から少しずつ解き放たれていくのを
眠っている手の開き具合からも感じる。

f:id:blissfultouch:20190809223424j:plain

微睡んでいるような時に
よくモロー反射が出ていた。

起きている間はとにかくよく動く。
クネクネとした滑らかなWrithing Movementだが、
その動きも大きくなってきた。

ダブルタッチの感触を味わっているのだろうか。
見ていて気持ちの良い動きで真似したくなる(笑)

この動きも2ヶ月を境に
手足を持ち上げたままの動きに変わっていくそうだから、
今のうちにたっぷり眺めておこう。

f:id:blissfultouch:20190809225701j:plain

 

上陸のプロセスを辿るように

顎、首、胸郭…
あって当たり前のように感じていて
ともすればその構造や機能にそぐわない使い方をされて
ここが悪い、あそこが悪いと言われたりもする。

でも、私たちの遠い祖先が
気の遠くなる程長い時間を経て
このカタチや機能の礎へと進化させながら
自然とともに生命を繋いできたのだ。

破綻させてしまったかのような機能でも
学習を重ねる中で変化していくことを感じたり
また、その姿を目の当たりにするほどに
生命の、そして自然の懐の深さを実感する。

今日も上陸のプロセスを辿るように
1日が始まった。

blismile.info

f:id:blissfultouch:20190806203636j:plain

魚のサイエンス (別冊日経サイエンス233)

この号も面白かった。

 

小田急線の車内から多摩川の花火

 16時少し前、和泉多摩川駅で浴衣姿の人々を見かけてようやく今日が多摩川の花火大会であったことを思い出した。

2クラスレッスンを終えた頃はちょうど花火も上がり始めた頃だった。

駅まで向かう商店街からも時折花火を眺めることができたが、ちょうど乗った電車が一つ先の登戸駅の混雑のために多摩川橋梁の真ん中で暫し停車、思いがけず車内から花火見物のひと時となった。

車内の照明がちと邪魔ではあったが、電車の遅れを詫びる車掌さんのアナウンスにも「ちょうど多摩川の花火大会が行われております。あ、今花火が上がりました。進行方向左手からご覧いただけます。」などという感じのガイドさんのような言葉が続いて、何やら「花火見物列車」にでも乗ったような気分で、電車の遅れもまた一興という感だ。

f:id:blissfultouch:20190807213453j:plain

ガラスに映った車内の風景と緑色の花火のコラージュ

 

ことば

あっという間に7月も終わり
舞台を終えたばかりの生徒さん
オーディションが間近の生徒さん
ひと夏の間に公演がいくつも控えている生徒さん
それぞれの夏と共に
ナチュラリゼーションの時間を過ごすこの頃。


この春中学生になった子どもたちから
最近時折「自分の言葉」が出てくる。
感じたことが言葉になって出てくるまでには
すごく時間がかかることもあるし
生じかけて思い倦ねるような様子を示す事もある。
そんなとき言葉を迎えに行ってしまわずに待つこともあるし
彼女たちに対して
今慌てて言葉を迎えに行かなくても良いよという事もある。

 

今は十分に体験する前、感じる前に
既成の言葉や概念を知ってしまったり
自分でよく考える前に
それらと自分の内に起きていること、起きていないことを
紐付けてしまうことが多いから
子どもたちにはこのプロセスではせめて
身体と心と知識が結びついたところから
言葉がやってくるのを待ちたいと思う。

 

f:id:blissfultouch:20190731115301j:plain

生徒さんから戴いた爽やかなハーブの香りと、竹素材の涼やかな質感が心地よい贈りもの。ローズマリーと炭が配合されたソープは、暑い季節の救世主のような使い心地だ。
ありがとうございます☺︎

f:id:blissfultouch:20190731115257j:plain

実家の庭の巨峰も色付き始めた。
自然の色は美しい。