仕事の周辺

Dinergy

「少しずつ変わってくる手を見ていると、一旦は汚れてしまった川や海が本来の姿に戻る力がある様に私も自然の一部なのだと実感し、変わり始めた手に導かれている様だと踊りの中で感じることがある。」 ある生徒さんがその様なことを話して下さった。 「自分…

徒然

タイ語 チェンマイとの縁が深まりつつある中、ラーンナー(ล้านนา)文化に触れる機会も増え色々と面白い発見があるこの頃。 情報は決して多くはないが、タイの公文書アーカイヴで見つけたいくつかの資料をタイ語の勉強を兼ねて解読する作業についつい熱中し…

人から言われたことではなく、自らの中から

ある小学生の生徒さんが発表会に向けた踊りの練習の中で、指導なさっていらっしゃる先生から問われたことに対する以下のような出来事があったとメールを下さった。 ナチュラリゼーションのレッスンでも、色々と新鮮であったり、ただ面白さや楽しさを覚えるよ…

knock

水曜日 生徒さんの定期検診の結果を伺ってその経過に一安心し、さらに感動することのあった水曜日。 時間をかけて共に探してきたドアを、ようやっとノックできたね…そんな気持ちになりながら、本人もその違いに気付かぬほど自然にこれまでとは随分違った活き…

点てたお茶に表れるもの

ナチュラリゼーションを始めてから急にお点前を褒められるようになったという生徒さんは、立ち居振る舞いだけでなく茶筅で点てた泡のたち方もきめ細やかになって、他の生徒さんがその方の後には点てられないわと口々に仰るくらい、点てたお茶のクォリティま…

兆してくるもの

毎月出張講座を開催させて戴いているお教室の先生から戴いたメールに、受講生の方々の冬休み明けのお稽古での様子が綴られていた。 お二人とも、講座以外に自習会やパーソナルレッスンでも、熱心にナチュラリゼーションに取り組んでいる方々だ。 バレエの上…

既知だと思っていたことを一旦未知に戻して

寝返りに何か課題を見つけたらその前の段階に戻ってみるとそこにはいつも何らかの発見がある。 赤ちゃんの寝返りが成功する前に行われているのは何か。 側臥位の感覚を疑ってみる。 環境と自分との関係体幹と四肢の関節の屈伸状態感じていることが正しいとは…

まだまだ掘り下げていけることがある

1月の自習会も終了。6名で動くには決して広くはないスペースだけれど、そのスペース感がまた違ったコミュニケーションを生み出したりする面もあるように感じた。 ハイハイ用膝座布団を手作りなさっている方も。 可愛いお菓子も頂戴しました。ありがとうござ…

目に見えない「活き」を感じる初春

目に見えない「活き」を感じる初春。 yasukokadokura.goat.me 「なちゅら流」ふと浮かんだ言葉に、goatのタイトルを変えてみた。 さて、今日は自習会。 満員御礼でのスタートだ。 © 2018-2019 Blismile All rights reserved.

邪魔をせず

乳児の頃の記憶が無いというのは、とても残念なことのように思う。 この世に生を受けて最初の呼吸は、一体どんな感触だったのだろう。羊水の中で感じていたであろう自分の身体が、子宮の外の世界の重力にさらされた時どのような感覚だったのだろう。 そうし…

出張講座

昨夜は大人の方、今日は出張講座も年内最後のレッスン一年の締めくくりの時期であることを実感するこの頃だ。 数年継続している方も、今年になってスタートした方もいらっしゃるけれど、みなさん本当に熱心に取り組んで下さっている。 たくさんのクリスマス…

這う

這う動きの中には、様々なことが表れる。 左、何をしているかに気付いていない段階。 中央、何が違うかは映像を見て「分かった」けれど、あちこち意識して変えようとしている段階。 右、何十分か這い続けて、もう、あれこれ考えなくなった(ご本人曰く「考え…

「御点前」を褒められる

ウォーキング 今年も残すところ2週間ほど。少し寒さが和らいだ昨日は年内最後のタイ語レッスン。 天気の良い日は戸山公園を抜けて新宿まで歩いて帰るのも楽しみの一つだが、今回は少し急ぐ必要があったので新大久保までのコース。 教室の近くには学習院、こ…

待つ

待つ 今日は小学生さんのレッスン。 バレエのカタチとして教えることは無いが、顎のワークや手のワークで学んでいることは結果としてそこへも少しずつ繋がっていく。が、まだまだ伸び代がある。それを育むのは彼女が苦手としているワークだが、それに気付く…

writhing movement

小学生の生徒さんのお母様からメールが届いた。 彼女は一人で通ってきているので、レッスンの時間の様子をお母様が見ていらっしゃる訳ではないが、日頃のホームワークへの取り組みも含め自宅での言動にもその成長が表れているのかもしれない。この1年、レッ…

陽だまり

床の感触で太陽の恵を感じる冬のスタジオで自習会の土曜日。 所謂「レッスン」ではない時間だからむしろ見えてくるものがある。 動きだけでなく、取り組み方や深め方とでもいうのだろうか。 何が良いとか悪いとかいうことではなくそこにはやはりその人が表れ…

花開時蝶来 蝶来時花開

少しずつ 今週は小学生の生徒さんのレッスンが多かったが、金曜日も月1ペースの生徒さんの年内最後のレッスンでお菓子を戴いた。(ありがとうございますm(__)m) 今日も顎や手のワーク、寝返り、ズリバイをメインに。最後に少しだけスパイダー〜カエルまだ…

密度の濃い時間

あっという間に師走ですねー^^;などという言葉から今日も江ノ島レッスンが始まったが、その間に雨が降ったことにすら気付かないほど、あっという間に90分が過ぎた。 そうか、そんな風に集中する密度の濃い時間が重なってきたから、まるで加速するように感じ…

身体性

昨日の代々木レッスンは、以前江ノ島クラスに一度参加して、もっとやってみたいと思われたダンスや運動経験の無い方のレッスンだった。 顎と手や肘のワークを丁寧に行っていったことと、昨日の朝「Door」という言葉でここに記事を書いたりもしたので、今日の…

蹲踞のワーク

久しぶりに動画をUP。 4年生の頃、そして6年生の今。 彼女の場合、蹲踞のワークそれ自体は余りやって来なかった。それより、手のワークや寝返り、這うワーク。 まだまだ課題はあるが、重ねてきたことの意味を時間をかけるということの意味を彼女は動画から自…

やっているつもり

「ねえ、普段お家でどのくらいワークしてる?」 レッスンにやってきたときの彼女の話の後その問いに答えるのではなく、そう尋ねた。 彼女のここ数ヶ月の様子を見ながら正直なところ、彼女の自宅などレッスン以外の時間での取り組みはおそらく圧倒的に足りな…

変数

必ずしも合わせるのが良いということではないのだが、例えばその日意図的に、最初に提示する際の動きを、ゆっくりやって見せたり、逆に軽めにテンポよくやって見せるようなこともあり、それに合わせてくる人も、いつも自分のペースになる人もいる。 それは意…

彼女自身が彼女のトレーナーのように。

まず「蹲踞のワークを久しぶりにやってみようか?」とだけ話して その様子を黙ってビデオに撮った。 次に、昔のビデオからの写真を見せた。 「あ〜!」とちょっと懐かしそうな笑顔にもなりつつ、 今と何が違うのかも捉えているのが、その表情から感じられる…

事後性

初冬の海が見せてくれる、束の間の荘厳な眺めをレッスン前の時間に楽しんだ火曜日。 今回はズリバイとダイナミックアーチのワークを少し多めに行った。 多分、やっている時のご本人にはあまりわからないのだろうと思うけれど、ズリバイや腹ばいで進むダイナ…

100年住宅を建てる時のような基礎を

先日、ある生徒さんのお父様と少しお話しする機会があった。建築士のお仕事をなさっている方なので、「基礎」に対するお考えには共鳴するところが多々あった。 僕は娘がずっとバレエを続けていくのかどうかはわからないけれど、娘に100年住宅を建てる時のよ…

動くことと絵と

小さい頃から、とにかく不器用だったという低学年のお子さんがいらっしゃるご家庭に、しばらく前から時々出張で伺って親子レッスンをしている。体育など運動も苦手で嫌いなようだというお話だったが、お魚さんや動物さんのあくびをしてみようか?という感じ…

その人を変えていくのは

意志 昨夜は来月初めに舞台を控えた方のレッスンだった。お仕事がとんでもなく忙しい中、バレエのお稽古の時間を捻出するだけでも大変な状況だけに、とにかく怪我や痛みなく気持ちよく本番を迎えられることを目指してきたが、その願い通り、良好なコンディシ…

週末の徒然

自習会 土曜日の自習会は、皆さんの様子をみたりお話を伺ったりする中で発見したことや再考したこともあり、私にとってもとても有意義な機会だった。 お心遣いありがとうございます(^^) 自習会の後、少しお話をさせていただく中である生徒さんがこんなことを…

Born to Dance

Born to Dance: Celebrating the Wonder of Childhood 江ノ島へ向かう電車の中で、今日はこちらのアルバムをずっと眺めていた。 See this image of Mykie- Brooklyn, NY in @JordanMatter's Tiny Dancers Among Us | Tiny Dancers Among Us - Jordan Matter …

ふと振り返ってみると

ふと振り返ってみると まだまだ課題はあるけれど 鶴川スタジオでレッスンし始めた頃は 学校の体育の授業の大縄で捻挫をしてみたり 足首や下腿の痛みや違和感を訴えることもあった 小学生の子の動きも 少しずつ変わってきている。 どこかが痛くて当たり前だと…