結び目の在処

今週は股関節周りにまた少し進展。


ナチュラリゼーションの中で解放されていくときの感触は
今まで経験した数多のアプローチのそれと
私の感覚的にはちょっと違う。

でも、それを上手く言い表す言葉を
私は持ち合わせていない。
表そうとするほど、言葉にしみついた概念に
裏切られるような気さえして。

言葉が切り取ったものと
感じていることとの間にあるのは
自然に咲いている花の匂いと
分析して同じようにその成分を組み合わせた香料の匂いとの
隔たりと似ているような気がする。

 

でもそうして、感じてみて
そうか、そこだったのか…と
長い長い年月探ってきた私を縛る結び目の在処と
その解放をまたひとつ
ようやく感触で覚えると
何とも感慨深いような、不思議な気持ちになる。
それは決して邪魔者を排除したような感じでは無い。

そして、そういう瞬間が訪れるのは
何故かいつも「無」になった時。

だから事後になって慌てて
今、私どう動いた?と
ちょっと前の動作の感覚を確かめたりもする(笑)

ひとつひとつは小さな進展が
でも幾つも積み重なって
振り返ってみればこの1年の間にも
ずいぶん眺めの違う場所まで来たような清々しさを覚えながら
旅の足跡を振り返る師走の日。

f:id:blissfultouch:20171211205940j:plain