まごころというのは「間ごころ」だと解剖学者の三木成夫先生は綴っていらした。

人と人の間に育つもの。

 

f:id:blissfultouch:20180122073906j:plain

ショーウィンドウという「間」には

会ったことの無い花屋さんの想いが置いてある。

私は、それを受け取る。

いつかここでお花を買おうと思いながら。

なぜなら、ただ技術やセンスだけではない

花への愛が感じられるように思うから。

 

f:id:blissfultouch:20180122073920j:plain

Webを介して

何か新しいことを伝えていくという事は

このショーウィンドウの様に

提案を「間」に置くということなのだと思う。

それが受け取られるか否かは相手の問題。

だけど、その「間」にはやはり

間に置くものへの愛と

目にしてくれるかもしれない誰かの考えを

尊ぶ想いを置いておきたいと思う。