舞台

少し寒さも和らいだ日曜日、少し回り道をして多摩川の土手を抜けながらスタジオに向かうのも小さな楽しみのひとつ。
iSTUDIOのお世話になり始めて約4年、桜の木の芽の膨らみを見上げながら初めてこの道を歩いたのも春だったなと思い出したりもした。

f:id:blissfultouch:20180211202520j:plain

レッスンの後は、小学生の生徒さんの発表会へ。
その系列のお教室の発表会を拝見するのは初めてで、いくつもの支部合同の規模の大きな舞台だったので、手の使われ方も含め支部ごとのカラーの違いがある一方で、全体としてここはかなりきっちり統一されているのだなと、その流派独特の視線の使い方を感じたり、その視線の使い方をするならなおのこと「手」をしっかり作っていかないと舞台で身体が煽られてしまうなと思ったり、私もとても勉強になるひと時だった。

でも、そうして仕事と絡ませて観る面もあるけれど、それ以前にやはり踊ることが好きで、踊る人が好きな自分が居ることを、強く感じたりもした。

首都圏以外にも、知人が出演する舞台を観るために福岡、熊本、大阪、名古屋と各地の公演や発表会をよく観に行っていた時期があったが、この仕事を始めてからは週末にまとまった時間をとることが難しくなって、舞台を観る機会も減っていたので、今年はできるだけ色々な舞台を観に行きたいと思う。