バレエ以前、トレーニング以前

ナチュラリゼーションを始めてからずいぶん経つ方が、「やはりバレエ以前、トレーニング以前なのだと思った」と、先日しみじみと仰った。

股関節の安定性やターンアウトのためにとクラムのようなDeep6のエクササイズをしている人も多い。私もかつてしてきた。
でも、それはスパイダーや這う動きを通じて、関節が適切にかみ合って動く調和の感覚が芽生え、それが保たれた上で行われて初めて有効なエクササイズになるのだろうと思う。プリエもきっと同様に。

バレエ周辺のボディワークと天秤にかけて考える方も少なくはないだろうと思うが、バレエのてほどきを受ける前に、プリエを学ぶ前に、無暗に可動域を広げる前に、プラスアルファのトレーニングを試みる前に、このプロセスを経ることができますようにと祈るような気持ちになる。

f:id:blissfultouch:20180326083121j:plain

今年も訪れた桜の季節。

f:id:blissfultouch:20180326083109j:plain

以前肘がそうであったように、ハイハイの際の膝の床にあたる感触が変わってきた。
顎のワークが少し変わり、それに続いて股関節の感触がまた少し変わり、上から順に変化のバトンが手渡されていく。