徒然

三歩進んで二歩下がっても

昨日は小学生の子のレッスン。
春休み中3日間ほどバレエセミナーに参加して充実した時を過ごせたらしい。
が、このところいい調子できた身体のラインは、やはり少し後戻り。
踊りながら身体や動きを変えていくというのは大変だ。

でも、バレエに対するモチベーションも大事なので、時にはそうした機会も必要なのかもしれない。
ただ、三歩進んで二歩下がっても、その二歩から学べるかどうか。

中国のダンス・バレエ他

バレエの中でも白鳥をはじめ動物を表現した踊りは色々あるけれど、中国の舞劇のそれもなかなかに見応えがある。

覇王別姫やWild Zebraは観に行ったが、この朱鷺も観たかったなぁ。
群舞の“朱鷺度”がすごい。

 

こうした舞劇を目指す子どもたちのレッスンは、こんな感じ。

 

こちらはバレエ学校。

 

 

バレエレッスンの変遷をデモンストレーションで伝える動画
その中に挿入されたターンアウトに励む姿が描かれた絵画が面白い。
現代でも様々なグッズが表れては消えていくが(笑)


 

 

 

My Naturalization

内側ハムストリングスと内転筋に少しずつ長さを出してきたここ1週間ほど。“骨と身”のそぐわないような、ズレた着ぐるみ(笑)のような感覚は無くなってきて、表と裏のバランスが取れてきた感じで、それによってまたターンアウトが進展。ひかがみのふわふわ感が心地よい。

裸足やビブラムでたくさん歩きたい感じ。
来週は鵠沼海岸から江の島まで海辺を歩こう♪

f:id:blissfultouch:20180403213207j:plain