備忘メモ(Motor Learning and Control for Danceから)3

 先のMotor Learning and Control for Danceから辿って、Gabriele Wulf氏の研究について調べてみた。

 

http://optimalmotorlearning.com/

上記のサイトにも紹介されている、バレエダンサーを対象とした研究について
Attentional Focus in Classical Ballet
A Survey of Professional Dancers
というPDFがあったので、こちらにメモ。

http://optimalmotorlearning.com/wp-content/uploads/2016/05/Guss-West_Wulf_JDMS_2016.pdf

 

While it may seem daunting to give up conscious control attempts or even think of alternative appropriate external focus cues for certain skills, we are confident that both dancers and teachers will immediately see the benefits and will use their creativity to generate appropriate foci or instructions.

 

Research findings suggest that simple modifications to the wording of instructions can lead to immediate enhancement of performance and have a long-term impact on the sustainability of the technique.

 

 

Anecdotal evidence also suggests that a more distal external image, such as“reach down into the rock and up to the rain,” rather than, “press the floor away and reach for the ceiling” (external proximal image), can promote additional vertical stability to facilitate the one-foot dynamic balance and coordinated rotation of a pirouette en dehors, for example.


「より遠位のイメージ」というところで、かつて師がルルヴェの際に表現していらした「雲の上に顔を出す」という言葉が重なった。
プリエ、ア・テール、ルルヴェの一連の流れの中での言葉だ。
そして、それらがtake overする瞬間をとても大切になさって、その感覚についても多くの美しい語彙をお持ちだったが、動きのさ中では「どの瞬間も正直に」という言葉に、その“気持ちよく、丁寧に明け渡していく感じ”を集約してキューを出していらしたと思う。

2番目に引用させて戴いた文のように、そうした当時の私の身体感覚にスッと馴染み、内観に縛り付けられていた自分を解放して世界と交わる体験へと導いて下さった言葉の数々は、時を経ても鮮やかにその眺めを齎してくれるだけでなく、身体が開かれてくるほどに、伝えようとなさっていたことの意味が更新されていくように感じている。

 

 

ちょっとしたヒント的な事も書かれているが、私が一番印象に残ったのは赤い字で記した3行の部分。

幼いころの創造性が尊重された導きが、結果として“use their creativity”という関係性を築くことに繋がっていくのではないだろうか。

 

f:id:blissfultouch:20180408210447j:plain