脛が立つ

1週間の仕事を終えての週末のレッスン
フロアに仰向けで寝たとたんに
背中の感触で身体の状態を察知し思わず笑いだす。
でも、仕事の疲れのそんな表れを
軽やかに笑い飛ばせるって、いいなと思う。

月に一度、レッスンを続け
それ以上に、忙しい日々の中でも日常的にたゆみなく
この数年の間にゆっくりと少しずつ積み重ねたものは
立ち姿にも表れる。

そのレッスンの際のスタート時の写真に、
数年前の写真を並べてお送りした方が、
「私、脛が立ってきたんですね。」と
この数年の間にゆっくりと
でも大きく変わった「立つこと」を
その画像からすぐに認識できたとメールして下さった。

そう、どんなにお仕事で疲れている時でも
デフォルトで脛が綺麗に立つ状態になっていらっしゃるのだ。

些かに後傾気味だった骨盤はニュートラルになり
背骨の描くS字のラインも脚のラインも美しくなってきた。

ここからは、高這いのフェーズが主題になっていくかと思う。

f:id:blissfultouch:20180616054353j:plain

来月だと遅くなってしまうからと
バースデープレゼントを戴いた。
ありがとうございます(^.^)

 

f:id:blissfultouch:20180621184824j:plain

このところ、いらしている方々や出張先のお教室の次の発表会の日が決まった、或いはまだ日程はまだ未定だけれどソロで踊る演目を決めたというような、次の舞台のご報告が続いている。