分けられないこと

「なんだこれ〜⁉️」 

少し前に何となく観ていたテレビ番組で
抹茶がとても大好きなアメリカ人の女の子が
念願叶って日本に来て
宇治のお茶農家さんの一番美味しい点て方で
(少々無作法でもと言いながら)特上の抹茶を戴いた際に
日本語学科で学ぶ彼女は目を丸くしながら
「なんだこれ〜⁉️」と、その未体験だった美味しさを表した。

その「なんだこれ〜⁉️」という
まだ既存の言葉が結び付かない体験
言葉に収まらない豊饒さというものに
慌てて言葉や判断や分析を与えなくても
良いのではないかなぁと感じる時がある。

私たちのアタマはそうして「分けたがる」
それが自分にとって
より望ましい感触であればなおの事
分けたものを集めて組み立てれば
また同じことが再現できると
どこかで思っているから探ってしまう。

全てにおいてそれが不要という訳では無いが
今、このプロセスにおいて学ぶべきことはむしろ
「なんだこれ〜⁉️」という感触を
生み出すこともできるカラダの
分けられないことの中にあるのではないだろうか。



f:id:blissfultouch:20180701054111j:plain

 

足湯

犬湯が目的で立ち寄ったが、そこには「手湯」も「足湯」もあった。
朝、露天風呂に入ったばかりだから…とも思ったが、炎天下の足湯の後の涼やかさもまた未体験の心地よさだった。

f:id:blissfultouch:20180701054102j:plain

写真の奥にあるのが「手湯」

f:id:blissfultouch:20180701054106j:plain

仙石高原での清涼なひと時でリフレッシュ。
今日は代々木でお仕事だ。