ちょっと気付いたこと

先日、知人でもあるとても美しいダンサーがゲスト出演していて
私がいつも彼を注視してしまうのは
舞台上であるか無いかに関わらない
何気ない所作、間のエレガンスなのだが
そこには、一切の過剰がなく
ただ呼吸するように美しい動きが流れ続けている。

完璧なターンアウト、流線型のライン、長い手足といった
ダンスール・ノーブルとしての
身体的なものが揃っているのはもちろんなのだが
彼の動きはどんなに急いでいるとき
どんなに速く動いているときでも
私にはどこかスローモーションのようにゆったりと見え
(決して動きにキレがないという訳ではない)
森林浴でもしているような涼やかさを覚える。

f:id:blissfultouch:20180802190100j:plain

そういえば今回
袖からずっと舞台を見ていたり
舞台袖で少し会話した際
あるいは打ち上げの席で
彼の上半身や顔を見ていくつか気づくことがあった。

前日も他で本番があって
かなり疲れてはいらっしゃるはずなのだが
ゲネが近付き、そして本番に近付くほど
デコルテが綺麗になって(もともと綺麗ではあるが)
小さい顔がますます小顔になって行く。
具体的には頬ぼねの位置が変わってくるというのがその一つ。

そう気づいてみて
これまで公演を観に行ってゲネと本番の前に会ったりした際
何となく今日は調子悪そうだなと感じた時
自分はそこを見ていたのかと今更のように思ったのと同時に
その時期彼が傷めていたところを思い出し
色々と思うところがあった。

 

f:id:blissfultouch:20180802190104j:plain

向日葵はやはり
お日様の光と青空が似合う♪