11 Montalcino カンパニリズモとLa vita è bella

僅か1週間程のイタリア滞在だったが、中部3州をめくりながら、カンパニリズモとLa vita è bellaに触れて、感じることの多い日々だった。

 

モンタルチーノ最後の晩は、ホテルでゆっくり食事。レストランが経営しているホテルなので、地元の新鮮な食材を用いた郷土料理がとても美味しい。

f:id:blissfultouch:20180915161630j:image

クールなCameriera(女性の給仕さん)にリコメンドを求め、ちょっと贅沢をして彼女が最も好きだという赤ワインをこの日はボトルで。

f:id:blissfultouch:20180915161707j:image

このワインのストーリーにも、やはりイタリア人の心意気を感じながら、ありがたく戴く。
彼女のおかげでまたひとつ、素晴らしいワインに出合えた。
http://www.firadis.co.jp/quality-wine/italy/mastrojanni

 

料理はいずれも食材の美味しさを活かすために、シンプルな味付けで、ハーブの使い方も絶妙だ。
サラダ用のほうれん草やルッコラなどもホテルが自家栽培しているという。

f:id:blissfultouch:20180915161801j:image

f:id:blissfultouch:20180915161813j:image

 

朝食は軽めに。
このキッシュがとても美味しい。
そして新鮮な果実やジューシーなハム、焼きたてのパンも全て満足(^^)

f:id:blissfultouch:20180915161949j:image
f:id:blissfultouch:20180915161940j:image
f:id:blissfultouch:20180915161954j:image
f:id:blissfultouch:20180915162002j:image

f:id:blissfultouch:20180915162041j:image

 

今回の旅では、陸・海・空の全てのスタンプが集まった。

クロアチアとイタリア、そしてドブロブニクとスプリット間ではボスニア・ヘルツェゴビナのネウムという街も通過したので三ヶ国分だ。

 

f:id:blissfultouch:20180915162501j:image

さて、今日はローマへ(^^)