タイ語を学ぶ เรียนภาษาไทย

昨日からタイ語レッスンもスタート。
いくつかのテキストを先生が見せて下さった中から、これを使っていきたいと思った一冊を選んだ。

忘れている部分はもちろん多々あるのだが、それでも90分先生と対話するうちには、いったい自分の脳のどこから飛び出してくるのか分からないが、咄嗟に口に出てくる類別詞とか、フレーズとか次第に錆びついたタイ語脳の歯車が動き出すような感覚が面白かった。

あの反射的な感じは、アタマで覚えているというより、身体が覚えているっていう感じに思える(笑)言葉って、思っている以上に身体的なものなのではないだろうかと感じたりも。

 

タイで学んでいた時分は暮らすための手段でもあり、検定のための学習でもあったが、今はまた新たな目的があって学んでいるので、こういうシーンのこういう言い回しが知りたいとか、特に会話力を伸ばしたいなど、学びたい事がよりハッキリしているので、当時とはまた違った楽しさもあるし、以前は初期の数ヶ月を除いてタイ語でタイ語を学ぶような感じだったが、今回は日本語も流暢で日タイの文化にも通じていらっしゃる先生なので微妙なニュアンスの違いなどについても教えていただけたり、また、正確な発音に重点を置き丁寧に直して下さるのも有り難い。

 

そういえば今までiPhoneにタイ語キーボードは入れていなかったが、先生とのやりとりもあるので早速使えるようにセットしてみた。予測変換機能や音声入力機能があるのでpcで入力するよりずっと楽。もっと早くに使ってみればよかった^^;

設定→一般→キーボード→キーボード→新しいキーボードを追加→タイ語を選択
で、すぐに使えるようになる。

先生曰く、音声入力は正確な発音のためにも良いと。

f:id:blissfultouch:20181015230702j:plain
※この一覧にない母音・子音はシフトキーで切り替えて入力する。

 

 

これから月に2回、先生宅に通いながらレッスンしつつ、学び深めていくのが楽しみだ。