蹲踞のワーク

久しぶりに動画をUP。

 

 4年生の頃、そして6年生の今。

彼女の場合、蹲踞のワークそれ自体は余りやって来なかった。
それより、手のワークや寝返り、這うワーク。

まだまだ課題はあるが、重ねてきたことの意味を
時間をかけるということの意味を
彼女は動画から自分で見出し
そして、そのことが
取り組みへの気持ちにまた少し広がりを与えているようだ(^^)

 

子どもたちのようにめざましくとはいかないが^^;
私も私自身の長年の問いに、ひとつの答えを
まずはようやく私自身に返すことができたようだ。
2年以上かかったが^^;

でも、それはやっとスタート地点。