Move

今年は色々な意味で「Move」の年なのか、新年に入ってから家族の案件も含め不動産会社や建築会社の方々と会う機会が多い。それらに関して私はいわばオブザーバー的な立ち位置なのだが、それぞれ別の3つの案件が同時進行している感じなので、仕事の合間になんだかんだと出歩いていた1週間ほどだった。

当事者とは、少し違った角度からそれらの「流れ」やそれぞれの視点や捉え方、物事の詰め方というようなものを見ていると、感じることも学ぶことも多々ある。

 

f:id:blissfultouch:20190110041159j:plain

 

以前もご紹介させて戴いたことがあるかもしれないが、「Move」という言葉が思い浮かぶ時、いつも読み返す長田弘さんの言葉がある。

 

いま、ここにあるという感覚を鋭くする。 そのために必要なのは、じぶんに必要なだけの疑いを、いつもいま、ここにちゃんとおくことだ。 疑いのない停滞に、自分を暗く閉じこめないために、みずから疑う。 疑うことによって、じぶんがいま、ここにいっそう明るくされるようにする。 疑うというのは、ほんとうは自分を明るくしてゆくことだ。 他人の正義をあてにしないことだ。 疑いによって、自分を開く。 疑いのなかで、自分をいっそう確かにしてゆく。 疑うというのは、moveという感覚を、身に生き生きとたもつということだ。
(長田弘 『感受性の領分』 神の派遣したスパイ51 より)

 

来週は、ちょっとタイへ。

 

今週の眺め

f:id:blissfultouch:20190108210320j:plain

f:id:blissfultouch:20190108210238j:plain

f:id:blissfultouch:20190108210214j:plain

f:id:blissfultouch:20190108210325j:plain

f:id:blissfultouch:20190108210230j:plain

f:id:blissfultouch:20190110042846j:plain

またまたお菓子を戴きました。ありがとうございます🙇‍♀️