タイ語で読む保護犬の物語

ロイヤルドッグになった保護犬

ランナーの伝統文化についての資料をひとつ読み終えたので、次にタイ語のレッスンと並行して読む本はこちらにしてみることに。

英語とタイ語で書かれているものと、日本語に翻訳されたものもあるタイのロイヤルドッグ「トーンデーン」の物語だ。

つい最近、タイでも戴冠式が行われたばかりだが、こちらは野良犬だったトーンデーンがラーマ9世(プミポン前国王陛下)の愛犬となるまでのいきさつや、暮らしが前国王ご自身によって綴られている。

His Majesty King Bhumibol Adulyadej Biography of a Pet Dog The Story of Tongdaeng

私は愛犬であるトーンデーンのことを「ふつうの犬ではないふつうの犬」だと考えています。

 

奇跡の名犬物語

 

トーンデーンはWikipediaによれば雑種とのことだが、古代エジプト由来の犬種「バセンジー」とタイの在来種とのMix犬だそうだ。

こちらでも少し触れられている。

https://www.env.go.jp/nature/dobutsu/aigo/pickup/week/h18/h18-2.pdf

 

ちょうど小さな命を守る会でもバセンジーの桜ちゃんの里親・ご支援のお願いの記事がアップされていたので、こちらでもご紹介させて戴こうと思う。

blog.livedoor.jp

 

薔薇

一斉に開いた花のサーモンピンク色が鮮やかな5月の窓辺。

f:id:blissfultouch:20190510084249j:plain

f:id:blissfultouch:20190510084253j:plain

f:id:blissfultouch:20190510085335j:plain

その一輪を玄関に置いた。

 

ライト