笑顔

出張講座

「そんなこと考えてもみなかった。」
往々にして、ヒントはそういうところに潜んでいる。

問うことができなければ気付くこともできないが
ひとつの問いに執着し過ぎたり、
その答えらしきことに居着いてしまっても見失うことがある。

「ああ、そうだったのか」という感触は脳にとっては快感だが
でもそれは現象の一側面を捉えたに過ぎないのだということに自覚的でないと
そこから発展していけない。

そんなことをナチュラリゼーションの過程からは繰り返し問われるが
その過程を経ながらいつの間にか少しずつ変わっているご自分を感じ
「私、とても幸せなんです。」と仰る方の笑顔が眩しかった。

その柔らかな微笑みは、それだけでも周囲を幸せにする力があると思う。

f:id:blissfultouch:20190523160458j:plain

すっかり初夏の陽気。

 

4Dエコー

先日娘夫婦と会った時に胎児の4Dエコーの動画を見せてもらった。
一番よく見える週数を少し過ぎてしまっていたのと、エコー画面を見慣れていない私がそれに馴染むのには少し時間がかかったが、だんだん「あ、これがほっぺか。わームチムチ。」と感じてみたり、足を顔の前に持ってきている様子、片膝は曲げ、もう片方は伸ばしている様子や回旋しようとしている素ぶりみたいなものが見えてくる。本当にこんな時から学習しているんだなあと感動。映像を見せながら解説して下さったレントゲン技師の方が、少しでも見えやすいようにとお腹をちょこっと押したり刺激して下さったそうで、それに反応してモゾモゾ、時には大きく動くその動きはとても力強く感じられ母子ともにすこぶる元気そうで安心もした。

生まれくる子は男の子らしい。最初のうちこそ巷に溢れる情報に神経質にもなっていた面もあったようだが、あるところからそれらとのほどほどの距離感を取り、それらも踏まえた上で自分はどうしたいのかを考え「身に合う自分ルール」を定めてからは、職場や出産育児の経験者の先輩のご協力やアドバイスも戴きながら、リラックスして仕事を続けつつの妊婦生活を過ごせているようだ。

箱買いしたマンゴーは彼女たちにもシェアした。娘は「タイフェア行きたかったなあ」などと呟いてもいたが、1歳から4歳までをタイで過ごした彼女にとってはやはりタイフルーツや料理は懐かしの味なのだろう。
まだ2歳になる前、ちょっと目を離した隙に彼女がプリックキーヌーの入ったヤムウンセンを少しばかり口に入れてしまったことがあり、その後1時間泣き続けたのだが^^;、その彼女が今一番好きなタイ料理がヤムウンセンだというのも妙なものだ(笑)

f:id:blissfultouch:20190513063437j:plain

 

歩く

f:id:blissfultouch:20190523064820j:plain

昨日は、ヘアサロンまでの道のりを往復歩いた。
ちょうど一万歩程度の道のりだが、程々のアップダウンやせせらぎの音、緑のトンネルを抜けるような100段程度の階段のあるコースは歩いていてもとても気持ちが良い。