渇き

今はバレエのレッスンをある程度我慢していて
ある種の「渇き」がある分
バレエ漬けになれるような機会に
水を得た魚のように頑張ってしまうのも自然な事だ。

ただ、それによってどういうことが起きているかを
自身が正直に見つめていくことも大事だと思う。

参加の是非でなく、今回懸念したのは
それに気付かないこと
あるいは、思い切りバレエをしたいという想いから
無意識のうちにも都合の悪い面に
目を反らそうとしているようなところが
ありはしないかということだった。
高学年くらいになってくると
やはり少しそういう面も出てきたりすることもあるから。

 

また、子どもたちは、
やりやすい動き、できると感じている動きを
より好んで行う傾向もある。

苦手な動きほど、正直に丁寧に行う。
苦手は「伸びしろ」かもしれない。
そんなじぶんの身体や動きへの視点や
やはりダンサーを目指そうとするならなおのこと
自分の身体への正直さを育みたいと思う。

 

今、バレエの喉は渇いているだろうけれど
でも、その「渇き」はきっと
将来のバレエへのエネルギーになっていくと思う。

f:id:blissfultouch:20180422062959j:plain