ふと振り返ってみると

 

ふと振り返ってみると

まだまだ課題はあるけれど

鶴川スタジオでレッスンし始めた頃は

学校の体育の授業の大縄で捻挫をしてみたり

足首や下腿の痛みや違和感を訴えることもあった

小学生の子の動きも

少しずつ変わってきている。

 

f:id:blissfultouch:20181027150754j:plain

どこかが痛くて当たり前だとか

捻挫癖だとかと認識していたら

現実は変わらない。

 

テーピングに頼らなければ

舞台を踊りこなせない

治療やモノに頼らなければ踊り続けて行かれない

そんな風にはなってほしくない。

 

大好きなバレエを

痛みなく、心からの笑顔で

踊り続けて行かれること

それが何よりの願い。