チェンマイにて② 北方のバラで薔薇を観る

1日だけフリーの時間ができたので、2年前には行けなかったプーピン離宮(พระตำหนักภูพิงคราชนิเวศน์)に行ってきた。

ワット・ドイ・ステープ(ドイ・ステープ寺院)から更に山を登っていったところにある宮殿で、王族の別荘でもあり迎賓館として使われたりもするそうだが、その広大な土地にはバラ園や貯水池などもあり、散策路の植生も日本とはまた違った風情で、爽やかなこの時期に巡るのはとても気持ちの良い場所だ。

f:id:blissfultouch:20190118000839j:plain

f:id:blissfultouch:20190118000431j:plain

f:id:blissfultouch:20190118000842j:plain

f:id:blissfultouch:20190118000456j:plain
思わず同じように跪座したくなってみたり。

f:id:blissfultouch:20190118000448j:plain

王族のどなたかがいらしているのか、今回は宮殿内部には入れなかった。

f:id:blissfultouch:20190118000444j:plain

f:id:blissfultouch:20190118000440j:plain

熱帯のジャングル感漂う散策路

f:id:blissfultouch:20190118000435j:plain

チェンマイは「北方のバラ」とも呼ばれているが、その天辺で薔薇を眺めることができるとは!

f:id:blissfultouch:20190118000452j:plain

タマリンドの樹と薔薇の構図は何か不思議な感じ。

f:id:blissfultouch:20190118000847j:plain

八重桜も満開!

f:id:blissfultouch:20190118001425j:plain

巨木!

f:id:blissfultouch:20190118001439j:plain

f:id:blissfultouch:20190118001435j:plain

前回、ドイステープ寺院にいった時はソンテオを使ったが、今回は色々移動する必要があったため滞在中ずっとレンタカーを借りていたので車で行ったのだが、途中の山道ではクロアチアの時と同様に自転車で山を登る強者のファラン(西洋人)の方々を多く見かけた。

プーピン離宮のゲートの向かい側にはフリーのパーキングがある。あまり広くは無く駐車できる台数に限りはあるけれど、回転は早いのか5分ほど待っていたらスペースが空いた。

タイの寺院ではショートパンツやミニスカートなど肌の露出の多い服などはNGなところが多いが、こちらもゲートで服装チェックがある。

f:id:blissfultouch:20190118001429j:plain

帰り道、見晴らしの良い場所からチェンマイの街を一望

f:id:blissfultouch:20190118010549j:plain