足もとにあるもの

レッスンが終わる頃、グラン・ポール・ド・ブラで注意されたことがあって、どうやったらいいのか分からないと仰る生徒さんがいらした。

でも、そのヒントもナチュラリゼーションの動きの中にある。
サークル状の動きの中で上半身が前後左右、あるいは斜めどちらに傾こうが、基本は立つという要素とアン・オーだ。

ちょっと動いてみてもらうと、苦手と仰るそのフェーズにはその日這う動きや寝返りの中で指摘した課題と同じ要素が抜けている。

何かバレエの中での課題に出合った時、そのバレエの動きとして答えを探すことに前のめりになると、既に足もとにあるヒントに気付けない。

f:id:blissfultouch:20190612085115j:plain

久しぶりに雨が上がり、覗いた空は既に夏の表情。
Glazunov - The Seasonsの夏の曲を聴きたくなった。

エレーヌは今年2度目の開花。

f:id:blissfultouch:20190612085120j:plain

f:id:blissfultouch:20190612085110j:plain