小田急線の車内から多摩川の花火

 16時少し前、和泉多摩川駅で浴衣姿の人々を見かけてようやく今日が多摩川の花火大会であったことを思い出した。

2クラスレッスンを終えた頃はちょうど花火も上がり始めた頃だった。

駅まで向かう商店街からも時折花火を眺めることができたが、ちょうど乗った電車が一つ先の登戸駅の混雑のために多摩川橋梁の真ん中で暫し停車、思いがけず車内から花火見物のひと時となった。

車内の照明がちと邪魔ではあったが、電車の遅れを詫びる車掌さんのアナウンスにも「ちょうど多摩川の花火大会が行われております。あ、今花火が上がりました。進行方向左手からご覧いただけます。」などという感じのガイドさんのような言葉が続いて、何やら「花火見物列車」にでも乗ったような気分で、電車の遅れもまた一興という感だ。

f:id:blissfultouch:20190807213453j:plain

ガラスに映った車内の風景と緑色の花火のコラージュ