セラドン焼きの窯元を訪ねて

今回はセラドン焼きの窯元を3件ほど巡った。

チェンマイ中心部からは車で40〜50分のサンカムペーンやドーイサケットという地域に点在している。

f:id:blissfultouch:20191122063800j:image

そのうち、割とモダンなデザインの作品があったり、絵画的な美しさのある作品があって印象に残った窯元が、サンカムペーンのSIAM CERADONとドーイサケットのCHIANG MAI CERADONだ。

 

SIAM CETADON

オーソドックスなものから、モダンな作品、ちょっとシュールな置物^^;までバラエティ豊かな品揃え。お値段は比較的お手頃感のあるものも多いし、敷地内にファクトリーアウトレットのコーナーもあったりするので、そこで掘り出し物を探す楽しみもある。

f:id:blissfultouch:20191122063559j:image

f:id:blissfultouch:20191122063605j:image

すごいインパクト^^;

f:id:blissfultouch:20191122070242j:plain

f:id:blissfultouch:20191122063748j:image

こちらの建物の側面の白壁には自社製品が飾られていて、その眺めもまた素敵だった。

f:id:blissfultouch:20191122063752j:image

f:id:blissfultouch:20191122063608j:image

こちらではアウトレットコーナーでシンプルだけどセラドンの青磁色と素焼きのコンビネーションの味わいが良い感じの食器類を購入した。

f:id:blissfultouch:20191122063756j:image

f:id:blissfultouch:20191122063745j:plain


SIAM CERADONからCHIANG MAI CERADONに向かう長閑な道。
f:id:blissfultouch:20191122063602j:image

 移動途中にはボーサンという手織り傘の生産で有名な村も通る。
街道沿いに飾られたカラフルな傘の眺めで、ボーサンに来たのだなとすぐわかる。

f:id:blissfultouch:20191122080524j:plain

CHIANG MAI CERADON

広大な敷地(鶏も放し飼い!)には、工房、ショップ、ワークショップのためのスペースなどもあり、しばし散歩を楽しむこともできる。

f:id:blissfultouch:20191122074122j:plain

f:id:blissfultouch:20191122074118j:plain

f:id:blissfultouch:20191122074127j:plain

f:id:blissfultouch:20191122074407j:plain

f:id:blissfultouch:20191122074403j:plain

f:id:blissfultouch:20191122074110j:plain

今回巡った中では全体的にお値段は高めだが、繊細な絵付けがされた芸術品に間近で触れることもできて、眺めているだけでも楽しい。店員さんもとてもフレンドリー。

f:id:blissfultouch:20191122074130j:plain

f:id:blissfultouch:20191122074133j:plain

f:id:blissfultouch:20191122074138j:plain

f:id:blissfultouch:20191122074106j:plain

こちらではマグを購入。

f:id:blissfultouch:20191122074114j:plain